HackleHouse

HEN CAPEいろいろ



左上から WHITING ROOSTER CAPE, WHITING HEN CAPE, HEBERT HEN CAPE, それから3枚AMERICAN HECAPE
下段 COQ DE LEON HEN CAPE, BRAHMA HEN CAPE, SPRY HACKLE HEN CAPE, INDIANのHENが2枚。
サイズに多少差がありますが、概ねROOSTERの半分から6割程度。ROOSTERは雄、HENは雌、念の為。全体的には HENの特徴は全体サイズ同様、ハックルは短め、ただしファイバー長め。品質は柔らかめで水中でよく動きます。色柄はいろいろありますが、複雑、虫っぽいものが多いと言えるかもしれません。


WHITING HEN CAPE   商品こちらから
主な用途はウエット、ニンフのハックル、ドライフライのスペントウイング。また#10前後のドライフライハックルにもよく、ROOSTERハックルとの併用もGOOD。
カラーはROOSTER同様クリアな
ものが多い。

コレは長い方ですが、1本1本
長めのものも増えています。
ドライなら#10前後。
ソフトな分 水面を破りません。


HEBERT HEN CAPE   商品こちらから
主な用途はウエット、ニンフのハックル、ドライフライのスペントウイング。また#10前後のドライフライハックルにもよく、ROOSTERハックルとの併用もGOOD。
カラーはソフトな色調は多い。
ROOSTERでは無い色。 ドライなら#10前後。
WHITINGより若干ソフト。


AMERICAN HACKLE HEN CAPE   商品こちらから
今やWHITINGでは主力?とも言えるバリエーションの豊富さ。小さなドライフライ以外はストリーマー、海含めオールラウンドなハックル。
左が一般のAMERICAN、
中央はメイフライウィンガーシリーズ。
右はダイド。

テーパーきつい形状。 サイド耳の部分。
丸めでウイングにGOOD。


COQ DE LEON HEN CAPE   商品こちらから
ROOSTER、SADDLE含め人気のコックデレオン。実に虫っぽい。大きく分けて2種の模様のハックルが取れ、どちらも雰囲気あります。


ウエット、ニンフのハックル。 ウエット、ニンフのハックルの他、
ドライフライのウイングに。


BRAHMA HEN CAPE   商品こちらから
コックデレオン似ですが、やや小ぶりで色が明るめでダイドにも向きます。バジャー系とスペックル系のハックルが取れ、どちらもGOOD。サイズ的にも#12以下にもうまく対応でき、一般的に知名度ありませんが、リピーターの多い商品。

小さな部分がドライフライの
ウイングとして#16あたりでも。
メインはこのバジャー系。 サイド部分はこのスペックル模様。


SPEY HACKLE HEN CAPE   商品こちらから
HEN CAPEとしては異色。シルキー種という鶏、極細のファーバー、光沢も特徴。ダイドも各色揃います。名前通りスペイフライ他、マラブー、チカブー的にも使用。



極細、長め。
全体がファイバーという感じ。


INDIAN HEN CAPE   商品こちらから
ウエット、ニンフ、ストリーマーには昔から欠かせないマテリアル。