HackleHouse

CREEの話




CREE クリー          
数千枚に1枚とも言われるレアカラー。黒、茶、白、3色の組み合わせが基本。昔のクラシックパターンのフライでグリズリーとブラウン2枚巻く という指定の多くは本来CREE。あまりにも数が少ないのでこういった表示になっているようです。ブランド、パッケージによって、いろいろな色調ありますので、コレクターズアイテムにもなっています。                                    CREE販売はこちら
CREE: 数千枚に1枚とも言われるレアカラー。黒、茶、白、3色の組み合わせが基本。
昔のクラシックパターンのフライでグリズリーとブラウン2枚巻く という指定の多くは本来

WHITING CREE @
WHITINGのCREEもいろいろな色調ありますが、コレは最もオーソドックスなCREE。





WHITING CREE A
WHITINGのCREEでも 少しグリズリーっぽい色調。3色コントラストがクッキリ。





HEBERT CREE
HEBERTの中でも一番基本的な黒茶白のコントラスト。





HEBERT CREE
カラー表示は同じCREEですが、欧米ではDEEP CREEと呼ばれ人気のダークなCREE。黒の分量多い精悍なイメージ。巻くとクッキリしてGOOD。





HEBERT CREE
これもカラー表示は同じCREEですが、GOLD CREEと言われ人気上昇中の色調。CREEとバードジンジャーの中間的な色調。





METZ CREE
METZのCREEもいろいろありますが、HEBERTのGOLD CREEに近いものが多くなります。





その他 CREE
もちろんSADDLEもCREE。 AMERICAN HACKLEのCREE。
大きなドライフライにはこの選択も。
INDIAN CAPEのCREE。
INDIAN CAPEはこちら
                
                                          CREE販売はこちら

CREE WANTED !!
コレは先日売れたミッジサドルのCREE。
10年ほどで扱ったのは2枚のみ。
次はいつか?できれば高グレードが欲しい。
GOLDグレード以上のものは
今だ扱ったことがありません。
一度手にしてみたい。
最もこのグレード自体が色関係なくレア。
HEN CAPEのCREEも
今だ扱ったことがありません。
あるの?
見たことある方 連絡ください。